FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.30 16:50|家作り
前回、システムキッチン選びの素材について書きました。
今回は、たくさんあるシステムキッチンの国内メーカーの
比較をしてみたいと思います。

システムキッチン国内シェア上位メーカー
タカラスタンダード
クリナップ
サンウェーブ
パナソニック電工

メーカー別の特徴をまとめてみました。

【タカラスタンダード】
価格帯別の商品が豊富。
耐久性があり長持ちするホーロー素材を使用しています。
高品位ホーローは、傷がつきにくく、熱や衝撃に強いです。
湿気にも強く、お手入れ簡単。
水周りに最適な素材です。

頑固汚れで困るレンジフード部分には、汚れが落ちやすい
『ホーロー整流板』を採用。内部にも、汚れが入り込まないよう
仕掛けがあり、お手入れが簡単にできるようになっています。

機能としては、シンク近くに食器洗い乾燥機
設置してあり作業効率が考えられた設計になっていたり、
また、ワークトップのスペースや、収納棚の仕切り方を選べます。

代表商品レミュー(¥51万円)

もっと詳しく知りたい方はコチラ⇒タカラスタンダード公式HP


【クリナップ】
代表商品
クリンレディ・・・『うきうきポケット』は、引き出しの中にポケットがあ り、
         引き出しを開けると、ポケットがスライドアップして、取り出しやすく
         なっています。シンクはサイレント性能付。
         (¥60~90万円)

S.S.・・・シルバーのオールステンレス商品。お手入れしやすい設計。
       使う人に好みで、ワークトップ(シンクからコンロにかけての作業台)
       のデザインが選べます。収納は、全て引き出し式で一目で分かりやすい
       ようになってます。            
             
       また、水はねの音などの大幅に減らした「サイレントシンク」を採用。
       扉、食洗乾燥機、レンジフードも音が響きにくいよう設計されています。
             
       レンジフードは、自動洗浄機能付で、月に1回定期に洗浄すれば、
       約10年間フィルターを取り外さなくてもキレイを保ちます。
      (¥70~150万円)

もっと詳しく知りたい方はコチラ⇒クリナップ公式HP


【サンウェーブ】
取り出しやすい位置にあるドアポケット『パタパタくん』が有名。
ワンプッシュで扉が開く。
収納性を使う側から、徹底的に追及。アイディアいっぱいのキッチン。

レンジフードは、フィルターをなくし、オイルトレーに油を流す仕組みで、
お手入れを簡単に。また、フッソ加工とフラットなデザインで
汚れを拭きとりやすくしています。

代表商品サンヴァリエ・Pitto・・・炊飯器や電子レンジなどの家電を1箇所にまとめて
                    使わないときには扉をしめて収納できる『家電タワー』
                    など、収納にこだわった商品。
                    (¥100万円~)

もっと詳しく知りたい方はコチラ⇒サンウェーブ公式HP

【パナソニック電工 】
家電メーカーならではの、家電機器が充実
空気中のカビを抑制し、根菜類をクリーン保存する『ナノイー』搭載食品庫も
パナソニックならではの機能。
食器洗い乾燥機は、『パワー除菌ミスト』で、水道光熱費の節約、CO2削減が可能。
かくれた菌まではがしとり、頑固汚れにも強いです。また、低温除菌も可能で、
樹脂製食器も洗浄可能です。
(¥100万円~)

もっと詳しく知りたい方はコチラ⇒パナソニック電工公式HP


他に、独自機能による、斬新で個性的な
システムキッチンを扱うメーカーとして、TOTOを紹介します。

【TOTO 】
水周りの商品を扱うメーカーで、総合的に評価の高いメーカー


代表商品キュイジア・・・美しく清潔感のあるクリスタルカウンターが特徴的。
              耐熱性に長け、衝撃が強く、傷や汚れがつきにくい。
              レンジフードは使用するときだけ自動で出てくる。
              フード上部にも収納スペースを確保できる。
              また、フードの周囲に空気の壁を作り、においが広がるのを
              防ぐ。
              超薄型のアルカリイオン水生成器をシンク幕板に組み込めるので
              スッキリした設計。
              (価格帯¥200万円前後)
      他に、レガサス(¥70~150万円)

もっと詳しく知りたい方はコチラ⇒TOTO公式HP




posted by naomama






スポンサーサイト
2010.01.29 17:25|家作り
料理の出来不出来もキッチンしだい?!
家の中でも重要なエリアの一つがキッチン

まずは、システムキッチンの部分別でみていきます。

【ワークトップ】
ワークトップ(調理台)の高さは、85センチを中心に
80センチから90センチまで調整が可能なものが標準です。

使いやすい高さは、『身長÷2+5センチ』を一つの目安にします。

ワークトップの各素材の特徴は以下のようです。

◆合成樹脂・・・人造大理石が普及するまでは、最も一般的な素材。
       耐熱性は、人造大理石よりやや劣るが、サイズが自由に選べる。
       一番安価な素材。

◆ステンレス・・・熱に強い。手入れしやすく、清潔。安価でお手ごろ。キズが目立ちにくい
        エンボス仕上げとクールな印象のヘアライン仕上げがある。
        ヘアライン仕上げは、光沢があり美しいが、傷が目立ちやすい。
        使い込むほどに出てくる味わいが好みの方にオススメ。
        個人的には、レストランの調理台のイメージですコック帽
        
◆タイル・・・カントリースタイルの欧米風な雰囲気。ぬくもりのあるデザインが可能。
      ただし、目地が汚れやすい。

◆人造大理石・・・質感、高級感がある。高価。
        最近は熱に強く、シミも付きにくくなった。
        人気素材のため、色、デザインが豊富。

◆天然大理石のタイル・・・質感、高級感がある。高価。
            粉物料理に最適。ただし、汚れが染み込みやすい。


【コンロ周りの壁面】

◆不燃加工のパネル・・・見栄えがよい。お手入れが簡単。
           施工が簡単で、安価。

【キャビネット(扉・収納棚)】

◆天然木・・・自然な風合いが人気。1番高価。

◆突き板・・・天然木を薄くスライスしたもの。天然木より安価だが
      高価な素材。

◆ステンレス・・・システムキッチンを全てステンレスにすることで
        スタイリッシュな雰囲気に仕上がる。

◆合成樹脂・・・耐熱性に優れる。豊富な色やテイストが選べる。
       お手入れが簡単で、安価。



つづく...




posted by naomama




2010.01.08 17:19|家作り
家リビング家


リビングは、おもにI型L型があります。
I型のLDKは、リビングとキッチン、ダイニングの境界が
ほとんどなく、長細くなります。


キッチンで作業しながら、リビングにいる家族と会話がしやすかったり
ダイニングからテレビを見やすかったりします。


反面、ダイニングテーブルやソファの大きな家具が密集しやすく
狭く感じやすいかもしれません。
また、来客時にお客様をリビングに通したときに、キッチン周りがキレイだと
いいのですが、なかなか、そうもいかないと少し気になりますよね。


L型のLDKは、空間的にダイニングキッチンとリビングが遮られるので
I型のデメリットをカバーできます。
もちろん、I型のメリットを享受しにくくはなります。



個人的には、大雑把で家事に集中したい性格なので、L型のリビングが好みですライオン





2009.12.17 17:21|家作り
家作り家にかかる費用を計算するときに、よく出てくるのが「坪単価」です。

坪単価が安いと、建築費用も安いと思いがちですが

要注意です注意書き

坪単価の算出方法は、基本的に家の金額を坪数で割って出しますが、

その家が、どんな土地の上に建ち、どんな材料を使い、どんな間取りか

などで、坪単価が大きく変わってくるのです

なので、チラシなどで坪単価が打ち出されていても

あまり参考にはなりません。

おまけに、坪単価を割り出すルールは統一されておらず、

ベランダが含まれていなかったり、

ライフラインの設備工事代が含まれていなかったり、

家の金額にどこまでの工事代を含めるか、

各会社ごとでまちまちなのです。

あくまでも、最低でもこれくらいかかるのかなぁ顔

の目安にした方が良さそうです



posted by naomama






テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

2009.12.08 17:20|家作り
前回はオール電化のデメリットを見てみましたが、
今回はオール電化のメリットについて見ていきます

【エコキュートの場合】

◎夜間料金でお得になる

 料金の安い深夜にお湯を作って貯めておくため、料金が安くなりやすいです。
 ただ、平日昼間に電気を使うことが多い場合は、このメリットは受けられません。
 しかも、夏場の昼間は一般の電気料金よりも高く設定されることが多いので注意です。



【IHクッキングヒーターの場合】

◎火災の心配が低い
 
 火災の心配が低くなるだけでなく、火災保険の割引も適用を受けられる場合があります。
 経済的にもうれしいですね。

◎プレートがフラットなので掃除が簡単
 
 プレート周辺のみならず、ガスと違って火を使わないので、上昇気流が起こらず
 換気扇が汚れにくくなります。

◎多機能
 
 一定時間が経ったり、鍋の空だきなどで鍋底の温度が上がり過ぎると、
 自動的に電源がOFFになる機能などがあり、消し忘れ防止にうれしいですね。
 
よく、出かけた先で火を消したか不安になることがあります。
 他にもうれしい機能があるそうで、詳しい情報はコチラ⇒九州電力HP
 


【共通のメリット】

◎ガスの基本料金がかからない
 
 熊本のガスの基本料金は、一般家庭で1,200円くらいです。その分は、お得ですよね

◎大震災時は、ガスより電気が先に復旧する
 
 大地震で、ガス電気両方のライフラインが断たれたとき、電気のほうが先に復旧しやすいようです。
 


ガスもオール電化も、メリット・デメリットがあってどちらにするか

悩ましいですね

オール電化はまだ歴史が浅く、これから進化していくかもしれないし、

今まで気がつかなかった弱点(たとえば、耐久年数)が明るみになる

可能性もあります。

よく検討する必要がありそうです。


posted by naomama





テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ナオママ&ちゅらうさぎ

Author:ナオママ&ちゅらうさぎ
株式会社築で働くスタッフ☆
おいしいもの大好き!
笑顔で今日もがんばります!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。