FC2ブログ

【家作りシュミレーション】土地探し!気をつけたいこと

2009.11.16 16:15|家作り
家作りを仮想で、まるまる一戸建て家建ててみようと思います

家家家家家家家家家家家家家家家家


さあ、いざ土地探し!
どこに気をつけながら土地を探したらいいか、まとめてみました

◆土地探しの際に注意したい点

道路幅に気をつける

道の幅が4mに満たない道路に面している敷地は
道路の中心線から2m後退しなければならず、
使える土地の面積が減ってしまいます
また、自分の車の出し入れのことも考えると、
4mは確保したいところです。


用途地域に気をつける

家を建てる予定の土地と、周辺の土地もあわせて
用途地域をチェックしましょう。
用途地域が住居系なら、戸建の多い住宅街が多いです。
また、建てられる高さ制限もあるので、
周辺に高い建物が建つ可能性があるのかどうか見分けられます。
不動産会社に確認しましょう。


南向き?北向き?

一般的には土地の南側に道路が接している方が、
日当たりが良く、人気があり、価格も高めです。
南側道路は、家の前に庭を持ってくるので、開放的になります。
道路から通行人の目が気になるかも。
一方、北側道路の場合、南に庭を設ければ、
道路からの通行人の視線が届かないので
プライバシーが確保しやすいメリットはあります。
周辺の環境とあわせていろんな視点から考えてみましょう。


法面(のりめん)に気をつける 

法面とは、宅地として使用できない斜面部分のことをいう。
場合によっては、石積みまたはコンクリートの擁壁(ようへき)などで
補強しなければならず、
その工事代が数百万円もかかる場合があります。
そうなると、予算をオーバーしてしまうので、
不動産会社や、建築会社に確認する必要があります。


土地の「過去」を調べてみる

その土地が昔はどのよう地目だったのか要確認です。
過去、水田や埋立地だった地域は地盤が軟らかい可能性が高いので、
地盤改良に思わぬ工事費増となるかもしれません。
法務局の登記簿や地元の不動産会社で確認しましょう。


過去の水害をチェックする

一見川が近くにない場合も、土地が低いと水害に遭う可能性があります。
不動産会社に確認しましょう。
水害についてはネットや役所のハザードマップで確認することもできる場合があります。

→熊本市のハザードマップはこちら








スポンサーサイト



テーマ:ブログ日記
ジャンル:ブログ

コメント

非公開コメント

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ナオママ&ちゅらうさぎ

Author:ナオママ&ちゅらうさぎ
株式会社築で働くスタッフ☆
おいしいもの大好き!
笑顔で今日もがんばります!

フリーエリア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード